紫外線殺菌ページのメイン画像
  1. 紫外線殺菌トップ
  2. 紫外線殺菌装置製品リスト
  3. 3ウェイ

3ウェイ紫外線殺菌装置の開発について

福祉・介護タクシー事業の方からの依頼

利用者様終了後、次の利用者様までの移動時間で殺菌がしたい。紫外線利用で解決できないか?

布製シートなので、アルコール等の液体が使用できない。

福祉・介護タクシー向けの殺菌解決策

利用者様乗車時は、紫外線照射が出来ないので コロスケ 光触媒(酸化チタン)を使用して積極的に空気感染対策をします。
利用者様降車後、今回新開発の「3ウェイ」を使用して、シート、床等車内の表面殺菌及び空気の殺菌を行う。
紫外線殺菌のデメリットである「光が届かない場所」を、ハンディタイプに変更して追加殺菌を行う。

新型コロナウイルス感染患者さんの輸送

協会の方との話で「新型コロナ患者さんの輸送の依頼が来ている。療養ホテルから医療機関への移動」即ち、本物のウイルス対策が必要。
その為、車両内部の殺菌シミュレーションをして不活化までの時間を導き出し安全な対応が出来るよう、真剣に取り組んでいます。本物相手ですので。

1.車両座席等の殺菌

介護・福祉タクシー車内の紫外線殺菌

3ウェイ紫外線殺菌装置の設置方法

利用者様が乗車していた席上部に3ウェイを設置します。
座席上部にある、手すり等を利用してネット、突っ張り棒などで、吊るしたり乗せたりします。
ノアクラスの車両で約6分で新型コロナウイルスを不活化する事が可能です。

2.ハンディ型紫外線殺菌装置として

ハンディ型紫外線殺菌装置持ち手側 ハンディ型紫外線殺菌装置発光面
  

紫外線殺菌のデメリットをハンディタイプが解決

紫外線が届かない場所の殺菌は完了していませんので、ハンディタイプを利用してシートの後ろ、座席の下など気に成る個所に向けて照射するだけで解決できます。

車内で使用して危険では無いのか?

車内で発光している殺菌線(UV-C)は、車両のガラスを通過しませんので、外部への影響は殆どありません。
また、新型コロナ対策として運転席と後部の座席の間にビニールシートを装着しています。このビニールシーも殺菌線は通過しません。また鏡も反射しませんので、運転手の目に影響を及ぼすことも有りません。

3.ミニタワー型としての利用

3ウェイ紫外線殺菌装置のミニタワー型
  

カメラ用三脚を利用して

低部にカメラ用のメスネジを作りましたので、三脚での利用も可能です。

ストレッチャーを収納する倉庫内の殺菌要望があり、ミニタワー型として使用する事が可能です。

4.3ウェイ殺菌装置 本体及び仕様

3ウェイ紫外線殺菌装置 3ウェイ紫外線殺菌装置の紫外線量測定

製品仕様

消費電力 22W
殺菌灯 GL10 × 2本
電源ボックス 別置型
入力電圧 100V 車内使用時はDC-ACコンバーターにてAC100Vにして下さい。

殺菌灯(GLシリーズ)の新型コロナ文献

【試験結果】UVランプは共に3mJ/cm2で99.9%以上の新型コロナウイルス不活化を確認

岩崎電機HP

紫外線量の測定

紫外線は目に見えません、またウイルスも見えません。
だ・か・ら、測定します。ハンディ型での最大紫外線量3mW/㎠と計測結果が得られました。
上記試験結果より新型コロナウイルスは「3mj/㎠」とあります。
「mJ/㎠」(積算紫外線量)は、「mW/㎠」(紫外線量)×時間(秒)ですので、計測数値からハンディタイプの対新型コロナは「1秒」で不活化する事に成ります。

その他 サイト内の情報です。

紫外線殺菌装置問い合わせバナー

紫外線殺菌装置のページ著者

記事を書いたのは 株式会社ラ・ポルタ 代表取締役 勝見登

紫外線も「光」です。紫外線の強さや、配光などを照度シミュレーションを使い設計する。
株式会社ラ・ポルタ代表取締役勝見は、平成19年からLED照明に携わり、多くの演出照明やライトアップなどの「光」に拘ってきました。
一般社団法人照明学会正会員であり有資格照明コンサルタントでもある勝見が、紫外線光を多くの人が安全に使用できるように執筆しました。

勝見の独り言

独り言ですので、無視してかまいません。
新型コロナ過におけるビジネスとしてあらゆる報道が出ています。通販サイトの怪しい製品は論外として、名のある会社の報道にも疑問が有ります。
「試験結果で新型コロナウイルスを99.99%不活化」多いですよね最近。良い事ですが、どのような状況下で試験をしたのでしょうか?
また、不活化までの時間は?距離は?不明確な報道が見受けられます。
あるLEDメーカー様の報道発表は、LEDに直付けして30秒で不活化だそうですが、新型コロナが3mJ/㎠ですので、最大0.1mW/㎠しか紫外線が出ていない、と言う事に成ります。
そこから少し距離が離れれば、数十分以上の時間が掛かる事に成ります。
室内の浮遊菌を狙った機器の不活化も発表されましたが、菌を固定しているので、実環境とはかなりの相違があるはずです。
人の居る環境で紫外線を照射してはならない。けれども、テーブルの上において使用するもの、天井に取り付ける物、UV-Aだったり・・・。
これらの製品についてコメントする大学教授も遠回しの言い方で、歯切れが悪い。
目的は何ですか?金儲けですか?人の命ですか?聞きたくなりました。

このページ及びサイトのサイトポリシー 株式会社ラ・ポルタ