紫外線殺菌ページのメイン画像
  1. 紫外線殺菌装置
  2. 紫外線殺菌仕組み
  3. タワー型
タワー型紫外線殺菌装置メイン

【開発】それは、発熱外来の隔離室から始まった。

小児科のドクターからの要望

発熱患者を受け入れる為、隔離室で診察をします。
診察が終わり、次の患者様を受け入れる間に隔離室を紫外線で殺菌できないか?
紫外線殺菌なら、部屋の浮遊菌と椅子などの表面殺菌が可能ですよね。

はい、浮遊菌と表面殺菌可能です。隔離室のサイズと殺菌時間とターゲットウイルスを教えてください。

5分で殺菌してください。ターゲットウイルスは、新型コロナとインフルエンザでお願いします。

タワー型殺菌装置の設計

まず、部屋のサイズをシミュレーターに入力して、部屋の中心に殺菌灯を四方に向けて設置
シミュレーションの結果は、下記の図に成ります。

殺菌シミュレーションレンダリング 殺菌シミュレーションカラーレンダリング

殺菌シミュレーションの結果から新型コロナ・インフルエンザ不活化まで3分30秒と言う結果が導きだされました。
安全マージン考慮して5分の要望を十分に満たす事に成ります。

装置として使いやすく

殺菌灯の仕様と本数も決まりましたので、後は装置として使いやすく考えます。

完成品をクリニックへ納品

簡単に操作説明をし実際に隔離室で殺菌装置の実演及び紫外線強度の実測をしました。

ドクターも想像以上の製品(完成度)に驚いて頂き、実測値の確認で安心しておりました。
これで、殺菌業務の低減と確実視が上がり、患者様を安心して迎え入れることが出来ます。と仰っておりました。

これを機に全国の病院・施設に導入しました。

ここから下のページで、製品の仕様や導入事例をご覧頂けます。

貴方の病院へ導入する事で

消毒作業の軽減と確実性

消毒液での拭き掃除では、空気中の雑菌は処理できません。紫外線殺菌でしたら、拭き掃除に変わる表面殺菌と空気中の殺菌が可能ですので、より確実に消毒作業が終了します。

タワー型紫外線殺菌装置が稼働中は「放置」ですので、他の業務や、休憩などの時間が作れます。
お昼休憩の前にセットすれば、休憩後には作業完了!効率もいいですね!

今まで消毒作業に費やしていた労働時間を、何に使いますか?

目次

1.タワー型紫外線殺菌装置

消毒作業を楽にして、医療従事者の労働負担を軽くする。

タワー型紫外線殺菌装置操作部分

タワー型紫外線殺菌装置の操作方法

コンセントを挿してから、開始タイマーの設定をします。部屋から退室する時間です。
紫外線殺菌照射時間を設定します。部屋の広さ、殺菌対象の菌を考慮して時間を決めます。
設定が終了したら、メインスイッチをONにします。パイロットランプが点灯したら、開始タイマーが始動しますので部屋から退室して下さい。逃げろー!

開始タイマー終了後自動的に紫外線が照射され、照射タイマー終了後、自動的に消灯します。
消灯後、メインスイッチをOFFにしてパイロットランプが消灯したのを確認してから、コンセントを抜いてください。

殺菌終了です。部屋の空気と表面殺菌が完了いたしました。
ご注意ですが、紫外線が照射されない場所は殺菌できません。

タワー型殺菌装置アップ

タワー型紫外線殺菌装置の仕様

殺菌灯 GL-20×4
消費電力 88W
サイズ 高さ 1200mm タワー部分 150mmスクエア 重量 18.8Kg
オムロン製タイマー ×2 開始時間用 照射時間用
メインスイッチ 誤作動防止トグルスイッチ
本体素材 アルミ 紫外線を反射させる為

紫外線強度・積算目安

1m 紫外線強度 2.1mW/㎠ 実測
1m 5分 630mJ/㎠ 殆ど全ての細菌・微生物を不活化出来る数値です。紫外線で不活化細菌リストを参照してください。

低重心で安全に移動できるキャスター付き

足の素材はスチールで、本体高さに対して転倒しにくいよう、建築設計士さんが設計確認してくれました。
病室から病室への移動が多くなる装置ですので、安心して作業頂けるようにしました。

【動画】タワー型殺菌装置の操作説明

2.殺菌シミュレーション

病室の殺菌シミュレーション

4人部屋の病室を例としました。

これにより、どこが殺菌できているのか、いないのかが良く解ると思います。追加で人手による消毒の際も、手間が少なくなります。

色と時間の説明

ウイルスや細菌により不活化までの時間に差が有りますので、新型コロナ3mJ/㎠を例として表示します。紫外線強度の単位はmW/㎠です。

 
紫外線強度 時間
オレンジ 0.102 30秒
黄色 0.061 49秒
0.03 100秒
0.019 2分37秒
薄紫 0.001 50分
白・グレー 0.000 期待できない

殺菌線の影を作りたくない

余談ですが、タワー型殺菌装置に「ランプ保護用ガード」「移動用手すり」などを装着すると影が出来て殺菌できない箇所が発生します。
波長の短い波は、回り込みが少なく「影=殺菌できない箇所」は、距離によりより広くなります。その為、ガード、手すりの装着はやめました。

殺菌シミュレーションその2

正方形の部屋のシミュレーション 長方形の部屋のシミュレーション
  

部屋のサイズによる違い

殺菌線も「光」と同じように距離によって減衰します。

その為、正方形の部屋と長方形の部屋では、殺菌線が届かなくなる場合が有ります。

左の写真は同じ50平米のサイズです。

白色の範囲までが、殺菌が期待できる限界値。黒色は数十時間を要する範囲ですので実用的では有りません。
紫外線殺菌装置の資料等を見ていると「〇〇平米」などよく見かけます。
確かに解り易い表現だと思いますが、実際に使用する部屋の形状により効果が期待できない場合が有ります。

ターゲット微生物

微生物の中には、耐紫外線に強い生物も有ります。ですのでターゲットとする微生物により照射時間が当然変わります。
シミュレーションは、部屋のサイズ、ターゲット微生物等による紫外線照射時間を把握する為、作成いたしております。

3.メンテナンス

メンテナンス中の殺菌装置
  

メーカーですので、メンテナンスも安心です。

消耗品である殺菌灯の交換は、何方でも交換できるようになっています。

その他の保証は2年ですが、修理も可能ですし10年以上耐える作りに成っています。

ランニングコスト

タワー型紫外線殺菌装置では、一般的な蛍光灯と同じ形状の殺菌灯を使用しております。
その為、殺菌灯交換費用も安く済みますし、入手も簡単です。
海外製の殺菌灯を使用している製品は、入手が困難になる可能性が有ったり、高額なメンテナンス費用が予想されます。

4.タワー型紫外線殺菌装置導入事例

国立〇〇〇〇〇所へ納品

施設名の公表は許可が出ませんでした。施設として1民間企業を応援する事は出来ないとの事でした。

このような施設に採用頂けるなど、嬉しくて記載してしまいました。

隔離室で点灯しているタワー型紫外線殺菌装置
  

高部こどもクリニック様
新型コロナウイルス対策に貢献

新型コロナウイルスの疑いがある発熱患者様の処置が終了してから使用するとの事。

新型コロナウィルスが紫外線に弱い事や紫外線の効果・危険性を熟知されているドクターですので、理解が早い。

待合室にエアートゥウィン導入して頂いています。

待合室の壁掛けエアコンへ設置したのがきっかけで、タワー型の依頼を頂きました。
「大変重宝しています。」とお言葉を頂きました。

竹内眼科クリニック様手術室へ導入

竹内眼科クリニック様
手術室へ導入

部屋の広さを伺い、対象細菌を伺い、殺菌範囲、照射時間を導き出してご提案させて頂きました。

医療機器の裏側など紫外線光が届かない場所は、殺菌できない旨の説明やシミュレーションにて殺菌時間の説明などさせて頂きました。

竹内眼科クリニック様の殺菌シミュレーション

プレゼンテーション資料

広島東南ロータリークラブ様より寄贈

吉島病院へタワー型導入 吉島病院でタワー型作業中

広島県吉島病院様へ導入

広島東南ロータリークラブ様寄贈品として、弊社タワー型紫外線殺菌装置を吉島病院様に納めさせて頂きました。

贈呈式において山岡院長から
「コロナ禍での医療現場において非常に有意義な機器を寄贈して頂き、大変ありがたく思います。 寄贈して頂いた消毒機器は約20分の使用で殺菌効果があり患者の速やかな受入が可能となり、医師や看護師の精神的な負担が軽減され、患者をお待たせする時間が短縮することが出来ています。」

【地区補助金事業】吉島病院へ紫外線照射による消毒機器を寄贈

贈呈式の様子はこちらから

関西メディカル病院様へ導入

写真など準備中です。

世界一の医療機器メーカー様へ導入

最新医療機器等のラボ。お医者様なら知っている人は多い施設だと思います。詳しい施設情報はお話しできません。

施設内には、実際の病院と同じように作られた手術室等が何部屋も有り、そこで最新の医療機器等を使って使い方の練習、確認などを行います。
その際に動物を使用して練習する事も有り、動物からの細菌、感染の可能性が有る為、タワー型殺菌装置が必要。
導入の決め手は「貴社が一番リーズナブルでした。」との事。容易に各部屋へ移動出来る事も採用の一つでした。

タワー型紫外線殺菌装置を安全にご使用する為に

人の居ない室内で使用して下さい。

強い紫外線が照射していますので、担当者の管理下でのご使用に成ります。

動作確認や取扱説明時には通常の蛍光灯を使用してください。

機器の説明時に殺菌灯を装着したまま説明した為、説明を受けた看護師が2時間後に目の痛みを訴えた事故が有りました。
職場の安全サイト

2022年12月28日紫外線殺菌装置は、電気用品安全法(PSE)対象です。

これによりPSEマークの無い製品は、販売できません。
弊社製品は、全てPSEマーク付きに成ります。

購入方法

下記お問合せより、必須事項ご入力の上、お問い合わせ下さい。

ご使用予定の居室、病室があれば、殺菌シミュレーション作成いたします。

希望小売価格40万円税抜

紫外線殺菌装置問い合わせバナー

その他製品のご案内

紫外線殺菌装置のページ著者

記事を書いたのは 株式会社ラ・ポルタ 代表取締役 勝見登

紫外線も「光」です。紫外線の強さや、配光などを照度シミュレーションを使い設計する。
株式会社ラ・ポルタ代表取締役勝見は、平成19年からLED照明に携わり、多くの演出照明やライトアップなどの「光」に拘ってきました。
一般社団法人照明学会正会員であり有資格照明コンサルタントでもある勝見が、紫外線光を多くの人が安全に使用できるように執筆しました。

このページ及びサイトのサイトポリシー 株式会社ラ・ポルタ