LED照明ラ・ポルタ公式サイトのメイン画像
  1. LED照明トップ
  2. UV殺菌

新型コロナウイルスの猛威で、環境リスクに対する関心が高まっています。

紫外線殺菌は、残留物を残さない。

消毒液やオゾン殺菌

詳しくは在りませんが、消毒液は手肌が荒れるなどの症状が出ています。
オゾンは0.1ppm以下で使用しないと人体に影響が出ます。濃度を薄くすると殺菌効果も低くなります。また、オゾンは空気中をさまようので、吸引してしまいます。1日程度で酸素に成ります。

紫外線は、殺菌効果があると言われています。事実有ります。

紫外線は殆ど全ての菌に対して殺菌効果が確認されています。しかし、思った様な製品が無い。と、探していませんか?
当社では、LED照明技術を生かして、可能な限りご要望にお応えする装置・機器を製作いたします。

1.紫外線を利用した装置・機器の製造

スパーマーケット・ドラッグストアなどのショッピングカートの殺菌

紫外線を使用した、ショッピングカートの殺菌装置

殺菌ゾーン内にLED紫外線ランプを設置して、通過するショッピングカートを殺菌いたします。

げた箱や医療施設のロッカー

新型コロナの中での九州豪雨災害。避難所へは、靴に付着したウイルスを警戒して土足厳禁でした。

医療施設の服を仕舞うロッカー。製品は既にありますが、大変高価です。今ご使用中のロッカーへLED紫外線ランプを取り付ける事で簡単に安価に施工できます。

下駄箱の靴を殺菌 白衣など衣類のロッカーを殺菌

室内エアコンで空気を殺菌

現在ご使用中のエアコンにLED紫外線ランプを設置すれば、空気の殺菌も可能です。
エアコン内の真菌(カビ)なども除去しますので、臭いも抑えられます。

現在のエアコンに紫外線ランプを取り付けて殺菌イメージイラスト

ビジネスホテルやカラオケルーム等の個室

お客様はどこを触ったか解りませんので、部屋全体を殺菌する事が有効です。
お部屋の広さで設計いたします。

LEDチップメーカーは、UV-C波長のチップが製品化されています。

LED照明機器に紫外線チップを実装すれば、殺菌ランプに成ります。

と、言う事は、様々な形状の紫外線殺菌ランプが製造可能と言う事。
そこで、照度分布図の様な図面を作成して「紫外線強度(ジュール)」を確認します。
照明専門の当社なら設計可能と言うわけです。

既に商品化された紫外線殺菌ランプ

LED紫外線殺菌ランプ-フラットバータイプ LED紫外線殺菌ランプ-コンセントタイプ LED紫外線殺菌ランプ-バーランプ

既に紫外線ランプを製品化している照明メーカーがあります。これらを利用すれば様々な場所の殺菌が可能です。
食器棚・まな板・食品(表面の雑菌を除去する為、腐敗しにくくなります。)トイレ・テーブル人の触れる物全て。

2.紫外線による殺菌の原理優位性

紫外線による殺菌の原理

ウイルスに対しては、DNAを破壊して不活性化させる。

人も紫外線を浴びる事で損傷を受けます。(日焼けなど。)
人は、治癒力があるので、治ります。しかしウイルスや細菌は治らずに死滅してしまいます。増殖も出来ない。

色々な殺菌手段の比較

加熱殺菌

加熱可能な物しか殺菌できない。鍋・食器・包丁など

非加熱殺菌

殺菌水・ガス

残留物が残り人体に害がある。
安価で有る。

紫外線

残留物が残らない。
水殺菌・空気殺菌・表面殺菌など幅広く使用出来る。

紫外線で殺菌するためのUV照度

殺菌するためには適切なUV照度が必要です。

「UV照度」の単位。「UV強度」と表現される場合もあります。
    「mW/c㎡」「ミリワット・パー・平方センチメートル」と読みます。
この「UV照度」に、「時間(単位=秒)」を掛け算して、UVの照射量(UV露光量=積算光量)を計算します。
UV露光量(単位:mJ/c㎡ ミリジュール平方センチメートル)=UV照度(単位:mW/c㎡)x 照射時間(単位:秒)

照明で言う所の「照度」ですが、可視光では無いので見えません。ある程度の強さの紫外線を何秒当てると菌を死滅させることが出来るか?の計算になります。

皆様もお調べかと思いますが、260nm付近のUVC波長が殺菌効果が高いと検査機関の結果があります。

 

3.紫外線殺菌のデメリット

光が当たらない所は殺菌出来ない。

当たり前ですが、陰に成る場所は殺菌できません。
また、距離が遠い場合も光が弱くなるので、殺菌効果が弱くなります。

樹脂製品の劣化

屋外に長年放置されている、プラスチックや塗装製品は変色や破損などの劣化が起こります。
これは、太陽光から浴びる紫外線や風雨の影響です。
紫外線殺菌の場合、光の強さにもよりますが、数分の照射で効果は得られますので、劣化が始まるまでは、かなりの時間が掛かると思います。

人工的な紫外線は人に照射してはならない。

殺菌中の装置や機器から光が漏れない構造にしなければなりません。
ショッピングカートの殺菌ではブースなどを設けてブースから光が漏れないようにします。
ロッカーなどの場合、扉を開けたら消灯する回路を設けてタイマーで一定時間経過したら消灯させる。
ホテルの個室、カラオケルーム等ではタイマー制御で一定時間立ち入り禁止のする。

紫外線殺菌装置の設計には、様々な回路設計も必要になる場合もあります。

4.費用対効果

消毒作業の為に掛かる人件費、従業員の追加負担

現在新型コロナウイルス対策の為、買い物籠やカートを従業員様が消毒液を使い手作業で拭いている。

消毒液などの購入は常に必要。

報道などで見かける殺菌装置

病院向けの室内殺菌装置が6000万円(テルモ)だったり、AI全自動ロボット的な高額な装置は中々手が出ませんよね。
当社は、LED照明専門ですので、既存のLED照明のチップを紫外線チップに変更してランプを用意しますので、低コストで紫外線照明を準備できます。
チップを変えるだけ。と言う事は、皆様ご存知の「LED電球」「LED蛍光灯」などが紫外線殺菌ランプに成るという事です。低コストのイメージ出来ましたか?

一度設置してしまえば、数年間は使用できます。

今回の新型コロナウイルスの影響で、人は目に見えない恐怖や不安を覚えています。
来客の安心感を得る事は、今後必要不可欠な時代に成ると思います。
衛生的な店舗運営の経営方針は、宣伝効果高いと考えます。アフターコロナに向けてご検討ください。

「殺菌」と言う言葉について

薬事法では、消毒液と薬用せっけんだけしか「殺菌」の表示が出来ません。

製造業表示規定では、「殺菌された状態を説明できる範囲で使用出来る。カタログ、取説へは、公的機関の確認を表記する。

当サイト内では、殺菌灯の照明メーカー、LEDチップメーカーの公表を参考に記述しております。
紫外線殺菌装置・機器製造の際には公的機関の確認後「殺菌」と言う表記が可能になります。

問い合わせバナー
当社との取引について